M+RC NOIR “POP UP”

M+RC NOIR
×
cherry


POP UP STORE!

5/5(sat)&5/6(sun)

 

GWの2日間限定!

cherryでM+RC NOIRのPOP UPが決定!

18SS 新作アイテムを多数入荷。

 

 

気になる今回のPOP UPのラインナップを一部公開!

 

 

 

 

 

 

 

〈 販売方法について 〉

5/5 (sat) & 5/6 (sun) の2日間 12:00 ~ 先着順にて販売致します。

 

 

下記注意事項を必ずお守り頂けるようご協力をお願い致します。

※ 前日、深夜からの並びは近隣の住民の方へのご迷惑となりますのでご遠慮ください。

※ 騒音、路上喫煙、ゴミ投棄、交通を妨げる行為はおやめください。

※ 当日の混雑状況に応じて入店制限を設けさせて頂く可能性があります。

※係員の指示に従っていただけない場合は入店、商品購入をお断りさせて頂きます。

※ 路上駐車はおやめ下さい。よろしくお願い致します 。

 

※開店前からお並び頂く際、地図上の赤い線に沿って店舗入口より2列にお並びください。

※列から長時間離れて再度列に戻る行為は、お連れ様が列に並んでいる場合もお断りさせて頂きます。

再度列の最後尾よりお並びください。

※列への割り込みを見つけた際、ご入店及びご購入をお断りさせて頂く場合がございます。

予めご了承の上、お並びください。

 

 

〈 POP UP PARTYについて 〉

POP UPを記念して5/5(sat) 18:00~20:00はcherryにて”POP UP PARTY”を開催します。

ドリンクはサービスとさせて頂きます。

entrance freeとなっておりますので、たくさんのご来店をお待ちしております。

5日と6日は、デザイナーが来店予定!

 

 

 

また、MERICAN BARBARSHOPにてAFTER PARTYを行います。

 

 

場所:福岡県福岡市中央区警固2-13-7 オークビル2 B1F

日時:5/5(sat) 22:00~26:00

こちらのイベントもentrance freeとなっておりますので、お気軽にご参加ください。

 

 

 

※POP UP期間中はオンラインでの販売はございません。店頭のみでの販売となります。

今後のオンラインでの発売スケジュールも未定となっております。

 

madsaki × Takashi Murakami

“Limited edition prints” Release!

 

complexcomで話題を呼んだ、madsaki × Takashi Murakamiのコラボ版画をcherryにて受注販売致します。

 

 

《 販売版画 》

Image size  373×300mm / Seat size :470×380mm

 

『マサキフラワー 版画 キナリ』

“untitled”©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

『マサキフラワー 版画 黒』

“untitled”©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

『マサキフラワー 版画 赤』

“untitled”©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

『マサキフラワー 版画 黒 ラメピンク』

“untitled”©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

 

 

 

masaki × Takashi Murakami 限定コラボ商品のBAGも店頭にて販売中。

 

 

 

今回のコラボ版画だけでなく、村上氏の『お花 赤』『お花 黒』の版画も店頭にて受注販売致します。

 

『お花 赤』

 

『お花 黒』

 

 

※受注販売は店頭のみとなります。

本日、5/2(wed)~5/31(thu)の間、店頭にてご覧いただけます。

版画の枚数には限りがございますので販売枚数が終了次第、Sold outとさせて頂きますのでご了承下さい。

 

金額等、ご不明な点ありましたらお電話にてお問い合わせください。

TEL:092-717-5502

担当:司(つかさ)

 

 

MM6 Maison Margiela 18SS “scribble”

 

“An experience that changes nothing is hardly worth having”

「何も変えないという経験は、ほとんど持つ価値がありません。」

 

 

このマルジェラの過去の言葉にインスピレーションを受けたデザインチームにより手掛けられた18SSのコレクション

 

18SSのコンセプトは過去のアーカイブアイテムをアップデートすること。

Maison Margielaのアーカイブアイテムを研究し、新たにモダンな要素とクールベーシックな要素を取り入れ、アップデートすることで新しい価値を生み出した。

コラージュ、インサイドアウト、スケールアップ、スケールダウン

コンセプトはそのままに日常着へのアップデートを目的とし、着やすくみんなに愛される洋服づくりがキーポイントとなっている。

 

その中で今回ローンチしたシリーズは

”MM6ファミリー”によるアートワークが施された

『scribble』

直訳で『落書き』

 

 

 

 

 

 

シリーズのタイトル通り、落書きが随所に施された個性的な柄が特徴的なラインナップ

 

レディースラインから立ち上がったMaison Margielaだが、

最近ではジェンダーレスなコレクションを展開し

性別や年齢をフラットにするシルエットを取り入れることで、全ての人に着てもらえるアイテムを発信し続けている。

 

 

店頭オンラインともに販売開始。

オンラインはこちらから

A-COLD-WALL* -18SS-

Virgil Ablohのクリエイティブアシスタントを経験した、

Samuel Rossがデザイナーを務める気鋭ブランド

『A-COLD-WALL*』

 

2018SS collection待望のファーストデリバリーが到着しました。

 

UKの伝統的階級システムにサブカルチャーの現在をミックスさせたテイストは、ストリートウェアという枠ではくくれない独自のデザイン。

様々な方面からのアプローチと完成度のクオリティーの高さから、世界中の注目を集めるブランドのひとつである。

 

今シーズンのテーマは、

「政治的に多様化する英国人の意識」

イギリスの学校、職場といった場所で人々が共有する体験にフォーカスした難解なテーマからもA-COLD-WALL*の独自性が伺える。

 

 

今回入荷したアイテムはどれもA-COLD-WALL*独自のエッセンスが散りばめられたアイテムばかり。

まずはハンドペイントや経年劣化を思わせる加工のショップコート。

 

メッセージ性の強いプリントと、クリーンなコートの対比が絶妙なバランス。

汚れ加工やペイントはひとつひとつ手作業で行われ、ハンドメイドの醍醐味と言える“一点物”の魅力が盛り込まれている。

 

 

アシンメトリーかつ建築的なシルエットのフーディーはドローイングカットソーとのレイヤリング。

また注目なのは、そのニュートラルなカラー使い。

ブランド名にもあるように「壁」が持つテクスチャーを目指し、素材の質感や独自の染色で他ブランドにはない風合いを表現。

ここでもストリートとコンテンポラリーをミックスしたバランス感覚が見受けられる。

 

 

そして、A-COLD-WALL*を語る上で外せないアイテムが、アクセサリー。

バッグは毎シーズン即完の人気アイテム、今シーズンは同ファブリックのカードケースも入荷。

モダンな佇まいはコーディネートのアクセントに。

 

 

また、ルックで多用されていたピンブローチも見逃せないアイテムのひとつ。

ロゴが大胆にあしらわれたインダストリアルなデザインは、取り入れたいテイスト。

 

 

トレンドの後追いをするブランドも多い中、

確固たるアイデンティティーを持つ『A-COLD-WALL*』

“今”その動向に注目すべきブランドには間違いない。

 

A COLD WALL*全ラインナップはこちらから!

AMIRI -18S/S-

 

2013年、デザイナーの Mike Amiri によってロサンゼルスで立ち上げられたブランド 『AMIRI』

 

まだ歴史は浅いが、影響力のあるインフルエンサーに多くのファンを持つことから一気に注目を浴び、

ジャスティンビーバーがデニムを着用したことで若い層からも指示されるカリスマ的な人気ブランドに。

 

今シーズン最後のデリバリーでついに全アイテムが揃った。

18SSの中でも特に注目したいのが “パーム柄” がプリントされたラインナップ。

 

ロサンゼルスの風景を彷彿させるパームツリーや手書きの落書きがあしらわれたデザインにダメージ加工が施されたデニムジャケットとショートパンツは、今シーズンを象徴するシンボリックなアイテム。

 

同柄のバックパックと定番のチェック柄にダメージ加工を加えたバックパックも必見!

 

 

 

 

 

AMIRIといえばシルエットの細いデニムがポピュラーなアイテム。

 

足に吸いつくようなシルエットになるよう、膝下から裾にかけてストレッチの効いたシワ加工を施し、

厳選された日本製のコットンを使用することで、タイトなシルエットからは想像もつかない快適な履き心地に。

この履き心地こそが、一度履いた人の心を離さないAMIRIにしかない唯一無二の特徴。

 

 

 

 

また、マイクは音楽や映像への取り組みも盛んで、Instagramでも発信し続けている。

18SSのオリジナルのフィルムもAMIRIの世界観や音楽、カルチャーが垣間見え、

ライフスタイルの中のファッションとしての魅せ方が映像に網羅されている。

 

 

全編は下記URLから

https://mikeamiri.com/pages/ss18-film

 

 

 

国内でも取り扱いの少ないAMIRIの商品はcherryのオンラインより全商品チェック可能!

ラインナップはこちらから!

adidas by RAF SIMONS “RS REPLICANT OZWEEGO”

 

現在、社会現象となっているコラボスニーカーの中でも一目置かれる存在となった Raf Simonsとadidasによるコラボレーベル “adidas by Raf Simons”

 

当初ソックスがセットされたリミテッドエディションの”RS Replicant Ozweedo Pack”として発売していたが、今回単独のアイテムとして全世界で厳選されたショップのみでの発売となった!

 

 

コバルトブルー/ブラック

ブラック/クリームホワイト

 

 

2レイヤーでメッシュ&シンセティックの奇抜なアッパーと合成樹脂のミッドソールに加え、ラバー製のアウトソールが特徴的なデザインになっている。

 

 

アイコニックな”Ozweego”を再建築した18SSモデルは強烈なカットアウトパネルと大胆なカラーを採用し、現代的なデザインで新しく生まれ変わった。

 

今回、世界同時発売となる

“RS REPLICANT OZWEEGO”

4.12 (thu) 本日の 日本時間17時よりcherryのオンラインと店頭で発売開始!
是非この機会をお見逃しなく!

SHADOW MOVEMENT

 

MINDSEEKRのデザイナーRYOが独立し、日本とロサンゼルスを拠点に立ち上げたブランド”SHADOW MOVEMENT”
昨年、REVENGEとcherryとのコラボでPOP UPを行ったが、反響が大きかったのも記憶に新しい。

トラックパンツやグラフィックが特徴的なシャツ、可愛らしいロゴが目を惹くTシャツなど
ブランド初のコレクションが入荷!

生地やデザインからも強い拘りを感じるラインナップ。
新しいストリートブランドとして、これから目が離せない。

Rick Owens 18SS -DIRT-

デザイナーのRick Owensは、1961年アメリカ カリフォルニア州生まれ。

アートスクールでファイン・アートを専攻するも、中退。

アパレル会社に8年間勤務し、その後さらに8年間にわたって後の妻であるデザイナー、ミシェル・ラミーのコレクションでパタンナーを務める。

その後、1997年に自身の名をブランド名として冠し、フランスのファッションブランドとして開始。

数々の人を魅了するRick Owensはモードを語る上では欠かせない存在で、世界屈指のハイブランドである。

 

 

18SSは “DIRT” をテーマに展開され、コレクションでも話題となった特徴的なソールのサンダルが入荷!

 

 

INFINITE ARCHIVES

 

 

2015年、ロサンゼルスで誕生したINFINITE ARCHIVES。

デザイナーは元々多種多様なアート作品等を取り扱う “RSVP Gallery” のバイヤーであるEasy Otabor。

NikeやTravis Scottと協力をし、自身のブランドを立ち上げるに至った。

 

芸術、音楽、スポーツ、政治、ポップカルチャーにおける決定的な瞬間を掘り起こすことによって

歴史を視覚的に表すことをテーマにしたブランドである。

 

今回ローンチする元プロボクサー “MIKE TYSON” を引用したTシャツはBetter Gift Shopとのコラボ商品となり、是非チェックしておきたいアイテムである。

 

release

in-store 04.02 (mon) PM 12:00

online 04.02 (mon) PM 8:00

 

 

424 18SS “Until Further Notice”

 

 

 

 

 

2010年、ロサンゼルスのFairfax Avenueに誕生したセレクトショップ “FourTwoFour on Fairfax” のオリジナルブランドである424。

 

ファッション誌「VOUGE」に取り上げられたことにより有名になり、入手困難なストリートブランドとしても知られる。

2015年にジュエリーラインから始まったコレクションだが
評判を呼んだことにより、洋服などのアイテムも展開するようになる。
デザイナーはGuillermo Andrade。

 

先日発売されたBRANDBLACKとコラボしたブランド初のスニーカーが話題になった424だが
今期は”Until Further Notice”をテーマに
ブランドが得意とするデニムやパーカーに新色の鮮やかなカモフラージュ柄が登場。
前シーズンから人気だったペイズリー柄やキャッチーに”424″の文字を落とし込んだプリントにも注目したい。